2020年2月 スポーツ(保健体育)

2020年2月 スポーツ(保健体育)

 

2月28日

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、スポーツ界にも大きな影響が出ています。 サッカーJリーグが延期を決定したことをはじめ、ラグビーのトップリーグ、バスケBリーグなども延期となりました。またプロ野球のオープン戦、女子ゴルフの開幕戦は無観客で行われる予定です。

2月26日

女子テニスの元世界ランキング1位で「妖精」と人気を集めたマリア・シャラポワが26日、米誌で現役引退を表明しました。

2月24日

大関が東の貴景勝一人だけのため、(82年初場所の琴風以来)西横綱の鶴竜が、番付上で大関も兼ねる「横綱大関」として記されました。38年前の前回は、北の湖が「横綱大関」と併記されました。

卓球ハンガリーオープン女子シングルス決勝で伊藤美誠が鄭怡静にゲームカウント4-3で勝利し、今季ワールドツアー初優勝を果たしました。直前の男子シングルス決勝では張本智和が優勝しており、日本の男女アベック優勝となった。

2月23日

元日本代表MF本田圭佑が設立した東京の新クラブ「ONE TOKYO」の初代GMに、作家・タレントの乙武洋匡氏が選出されました。

2月22日

柔道グランドスラム・デュッセルドルフ大会で男女5階級が行われ、女子52キロ級で18、19年世界女王の阿部詩が優勝し、東京五輪代表をほぼ確実にしました。

2月21日

米大リーグ、マリナーズは20日、イチロー会長付特別補佐兼インストライクターが、本拠地Tモバイルパークで開催されるレンジャーズとのシーズン開幕戦で始球式を行うと発表しました。

2月18日

阪神・西勇輝投手が今季の開幕投手(3月20日のヤクルト戦)を務めることが正式決定しました。

2月17日

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、東京マラソンを主催する財団は3月1日の大会について、一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施すると決めた。

ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャスが、スペインサッカー連盟(RFEF)の会長選に出馬する意向を発表しました。それに伴い現役を引退することが正式に決定しました。

2月15日

スピードスケートの世界距離別選手権がソルトレークシティーで行われ、女子団体追い抜きで高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃の日本が2分50秒76で2年連続3度目の頂点に立ちました。18年平昌冬季五輪から3季連続の世界一になります。

2月11日

プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也氏が11日に死去しました。84歳でした。

2月10日

ドジャースとレッドソックス、ドジャースとツインズの間で大型トレードが成立しました。ドジャース前田健太投手はツインズへの移籍が決まりました。

2月9日

フィギュアスケート4大陸選手権、男子フリーショートプログラム(SP)首位発進の羽生結弦がフリー187.60点の合計299.42点を記録し、初優勝を果たしました。男子初となる6冠完全制覇「スーパースラム」を達成しました。スーパースラムとは、五輪、世界選手権、GPファイナル、四大陸選手権もしくは欧州選手権、世界ジュニア選手権、ジュニアGPファイナル全てで優勝することです。

2月8日

フィギュアスケート4大陸選手権、女子フリーショートプログラム(SP)首位の紀平梨花がフリートップの151・16点を記録し、合計232・34点で2連覇を果たしました。

2月7日

東京五輪の聖火リレーは、3月12日に古代五輪発祥の地ギリシャ西部オリンピアをスタートします。第1走者に射撃で2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのアナ・コラカキ選手が決まりました。第1走者を女性が務めるのは史上初です。

2月2日

全豪オープンがメルボルンで行われ、男子シングルス決勝で世界2位のノバク・ジョコビッチがドミニク・ティエムに勝利しました。2年連続最多8度目の優勝です。

関連記事

  1. 2020年11月 スポーツ(保健体育)

  2. 2019年7・8月 スポーツ(保健体育)まとめ

  3. 2019年12月 スポーツ(保健体育)

  4. 2020年9月 スポーツ(保健体育)

  5. 2020年4月 スポーツ(保健体育)

  6. 2019年9月 スポーツ(保健体育)

【資料請求無料】夢を夢で終わらせない! 声優、ゲームアニメーション、3DCG漫画、ノベルズ作家になるならアミューズメントメディア総合学院