2021年10月 スポーツ(保健体育)

スポーツ

2021年10月 スポーツ(保健体育)

 

 

10月19日

ロッテは七回にレアードが決勝適時打を放ち、西武最終戦に勝利し9月30日以来の首位に再浮上しました。優勝マジックを6としました。

10月18日

今季限りで現役を引退する日本ハム斎藤佑樹投手が17日、引退試合となった本拠地・札幌ドームでのオリックス戦にリリーフ登板し、11年のプロ野球人生に終止符を打ちました。

10月17日

Jリーグが来季から事実上のホームタウン制度撤廃を検討していることが明らかになりました。既に議論を重ねており、早ければ今月の理事会で正式決定します。

10月16日

日本オープンでアマチュアの隅内雅人(水戸啓明高2年)がツアー最年少の「16歳356日」でホールインワンを達成しました。

10月15日

ロッテに優勝マジック「9」が点灯しました。2位チームのマジック点灯はオリックス以来7年ぶりとなります。

10月14日

日本サッカー協会(JFA)は、12日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選グループB第4節日本代表vsオーストラリア代表戦(2-1)において、一部のサポーターによるコールを行うなど禁止行為があったことを報告しました。

10月13日

中日は12日、来季の新監督としてOBの立浪和義氏に就任要請しました。シーズン終了後10月末に就任を発表する予定。中日復帰は12年ぶりです。

ボクシングWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥が約2年ぶりの国内防衛戦に臨むことが確実となりました。

10月12日

巨人の菅野智之投手が11日、1軍登録日数が規定の日数に到達し、海外FA権を取得しました。

2021年プロ野球ドラフト会議が行われ、大学NO1投手との呼び声が高い西日本工大の左腕隅田知一郎は、1位で西武、広島、巨人、ヤクルトの4球団が競合し、西武が「交渉権確定」のくじを引き当てました。

10月11日

スタンレー・レディースで渋野日向子がプレーオフの末に逆転で、19年11月の大王製紙エリエール・レディース以来、686日ぶりの復活優勝を果たしました。

パリSGのFWネイマールが2022年のカタールワールドカップを最後にブラジル代表を引退することを表明しました。

10月10日

ソフトバンクの工藤公康監督(58)が今季限りで辞任することが分かりました。

レッドソックスのA・バードゥーゴ外野手が、ア・リーグ地区シリーズ第2戦のレイズ戦前の会見で、2023年の”二刀流”を宣言しました。

10月9日

米大リーグエンゼルスの大谷翔平が、専門誌ベースボール・ダイジェストの野手部門の最優秀選手に選ばれたと同誌が発表しました。長年メジャーに携わる全米野球記者協会の会員ら19人が投票し、16の1位票を集めての受賞です。

10月8日

競泳の日本学生選手権が7日、東京辰巳国際水泳場で始まり、女子50メートル自由形決勝で池江璃花子が25秒02で優勝。大学3年にして初めてインカレのタイトルを手にしました。

サッカー日本代表は、カタールW杯アジア最終予選でサウジアラビアと敵地で対戦し、後半26分に先制ゴールを奪われて敗れました。日本は3試合を終えて1勝2敗です。

10月7日

JFA(日本サッカー協会)は7日、MF堂安律がケガのためチームを途中離脱することを発表しました。

プロ野球のドラフト会議は今月11日に行われるます。当日まで1週間を切る中、ここまで1位公表はなく、例年以上に各球団の戦略が見えにくい状況となっています。

10月6日

日本ハムの栗山英樹監督は今季限りで退任し、西武の辻発彦監督も今季限りで退任する決意を固めました。

10月5日

卓球アジア選手権大会7日目、女子シングルス決勝が行われ、早田ひながシンユビンをゲームカウント3-1で破り、2017年大会の平野美宇(日本生命)以来の金メダルを獲得しました。団体、ミックスダブルスに加えて三冠を達成し、74年大会の枝野とみえ以来47年ぶりの快挙となりました。

10月4日

エンゼルス大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場し、1回無死からの第1打席に11試合ぶりとなる46号ソロを放ちました。両リーグトップのペレス(ロイヤルズ)に2本差となる一発で、日本人選手としては2007年の松井秀喜(ヤンキース)以来となるシーズン100打点にも到達しました。

東京オリンピック(五輪)後の初の公式大会に出場した日本(世界ランキング8位)が、バスケットボール女子アジア大会決勝で中国(同7位)を78-73で下し、史上初の5連覇を達成した。

10月3日

日本陸上競技連盟が、2025年世界選手権の日本招致を世界陸連(WA)に申請したことが2日、わかりました。実現すれば、1991年東京、2007年大阪に続いて3度目の日本開催となります。

首位を走るオリックスの首位打者吉田正尚外野手が、4回の第3打席で右手首付近へ死球を受けて途中交代し、病院で「右手首骨折」の診断を受けたもようです。

10月2日

日本ハムは1日、斎藤佑樹投手が今シーズン限りで現役引退することが決まったと発表しました。

佐古雅俊が、10月1日に開催された別府競輪(FII)最終日・2Rで1着となり、デビュー以来通算400勝を達成しました。

10月1日

日本相撲協会は9月30日、横綱白鵬の引退年寄「間垣」の襲名を発表しました。協会は白鵬に対し「新人の親方として、理事長をはじめ先輩親方の指揮命令・指導をよく聞き、与えられた業務を誠実に行うこと」などといった条件を示し、誓約させた上で襲名を認める異例の手続きを踏みました。

国際オリンピック委員会(IOC)は、来年開催される北京冬季五輪について、新型コロナウイルス流行を理由に、海外からの観客受け入れを見送ると発表しました。

 

ひよこ先生

ひよこ先生

中学生・高校生の定期テスト対策のための時事問題を取り上げています。勉強にご活用頂ければと思います。

TOP