2024年5月 スポーツ(保健体育)

スポーツ

2024年5月 スポーツ(保健体育)

 

 

5月23日

チェルシーは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督との契約を双方合意の上で解除したと発表しました。

5月22日

ポルトガル2部オリベイレンセの元日本代表FW三浦知良が今夏、国内復帰することが決定的となりました。

5月21日

パドレスのダルビッシュ有投手が、先発登板。7回99球を投げ2安打無失点9奪三振の好投で勝利投手となり、今季4勝目。野茂英雄氏、黒田博樹氏に続く日米通算200勝を達成しました。

5月20日

イングランド・プレミアリーグは第38節が行われ、マンチェスター・シティはホームのエティハド・スタジアムにウェストハムを迎え完勝し、プレミアリーグ史上初となる4連覇を成し遂げました。

5月19日

陸上東日本実業団選手権、東京五輪400メートルリレー代表のデーデー・ブルーノが男子100メートル決勝で初優勝を果たしました。

5月18日

ドジャースは17日、本拠地のある米カリフォルニア州ロサンゼルスが5月17日を「大谷翔平の日」と制定したと発表しました。

5月17日

中日は中田翔内野手を出場選手登録から抹消し、ダヤン・ビシエド内野手を1軍に登録しました。中田は34試合の出場で打率.256、3本塁打16打点。

5月15日

Jリーグは5月14日、4月度の月間ベストゴールを発表し、J3部門ではFC今治のGK伊藤元太が受賞しました。ゴールキーパーとしては異例の受賞で、史上初の出来事となりました。

5月14日

空手女子形で東京五輪銀メダリストの清水希容が、5月19日の全日本実業団空手道連盟第4回西日本地区大会で特別に演武を披露し、その機会を持って選手として競技を引退することを決意したと13日、所属するミキハウスが発表しました。

5月13日

実業家の前澤友作氏が立ち上げたレーシングチーム『MAEZAWA RACING』が11日、12日に富士スピードウェイで開催されている『フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・ジャパン』に出場し、クラス優勝しました。

5月11日

フランス代表FWキリアン・エンバペが今季限りでのパリ・サンジェルマン(PSG)退団を発表しました。

5月10日

フィギュアスケート男子で22、23年世界選手権2連覇の宇野昌磨が9日、現役を引退することを発表しました。

5月9日

ドジャース山本由伸投手が7日、本拠地マーリンズ戦に先発し、自己最長の8回を投げ、5安打5奪三振2失点で4連勝を飾りました。

5月8日

大相撲の尾車親方(元大関琴風)が日本相撲協会を退職することが明らかになりました。かねて「後進に道を譲るべき。老兵は消え去るのみ」という希望を持っていて、70歳の再雇用の任期満了を待たずに決意。

5月7日

メジャーリーグ機構(MLB)は、4月29日(同30日)から5月5日(同6日)期間の週間MVPを発表し、ナ・リーグではドジャース大谷翔平投手が受賞しました。通算8度目の受賞でドジャース移籍後は初となります。

5月6日

ワールド・サロンパス・カップで15歳の韓国人アマチュア李暁松(リ・ヒョソン)が逆転優勝を果たしました。15歳176日での優勝は国内ツアー大会史上最年少です。

5月5日

ヤクルトの山田哲人内野手は四回の守備から途中交代し、試合後の高津監督は「あんまり状態がよくない。数日前から体の張りが強くなってきているというのはあった」と説明しました。

5月3日

大リーグ機構(MLB)は3・4月の月間MVPなどを発表し、カブスの今永昇太投手が4勝、防御率0・98の好成績でナ・リーグの月間最優秀新人に選出されました。

5月2日

左手親指を痛めていたレッドソックスの吉田正尚外野手が1日、渡米後初の負傷者リスト(IL)入りしたと球団が発表しました。

5月1日

日本サッカー協会がパリ五輪に臨むU―23日本代表として、A代表の主力MF久保建英の招集に向けて本格交渉に乗り出すことがわかりました。

 

 

ひよこ先生

ひよこ先生

中学生・高校生の定期テスト対策のための時事問題を取り上げています。勉強にご活用頂ければと思います。

TOP