2020年9月 スポーツ(保健体育)

2020年9月 スポーツ(保健体育)

 

 

9月30日

大相撲秋場所で初優勝を飾り、大関に昇進した正代(28)=時津風=が、都内の時津風部屋で昇進伝達式に臨み、日本相撲協会の鏡山理事と立川親方が使者として満場一致の推挙を伝えました。

9月29日

巨人の菅野智之投手が29日、敵地マツダスタジアムで行われた広島戦に先発し、6回4安打1失点の好投で開幕から無傷の12連勝を達成しました。

9月28日

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会が、大相撲秋場所千秋楽から一夜明けた28日、両国国技館で定例会合を開きました。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、1月の初場所以来8カ月ぶりの開催となりました。

9月27日

関脇正代(時津風)が、前頭十四枚目翔猿を下して、13勝2敗で自身初となる幕内最高優勝を決めました。5場所中4場所で2ケタ勝利を挙げる抜群の安定感を誇り、大関昇進を確実なものにしました。

9月26日

カブスのダルビッシュ有投手が、敵地のホワイトソックス戦でリーグ単独トップの8勝目を挙げました。日本人初の最多勝のタイトルを当確させました。

9月25日

阪神は新型コロナウイルスの「特例2020」により、藤浪晋太郎投手、能見篤史投手、上本博紀内野手ら9人を出場選手登録し、陽性判定及び濃厚接触者として判断された糸原健斗内野手、陽川尚将外野手、馬場皐輔投手、岩貞祐太投手、岩崎優投手、福留孝介外野手ら9人の出場選手登録を抹消する、19人の大量入れ替えとなりました。

9月24日

横浜FCの元日本代表FW三浦知良は、これまでの記録を大幅に更新する「53歳6ヶ月28日」でのJ1出場を果たしました。その偉業は多くの海外メディアでも伝えられています。

9月23日

来夏の東京五輪・パラリンピック開催に向けて政府は、新型コロナウイルスの陰性証明や日本国内での行動計画書の提出などを条件に、海外から約1万人の選手を受け入れる方向で検討していることを明らかにしました。

9月22日

国内のアマチュアを統括する日本ボクシング連盟は、俳優でタレントの赤井英和さんが、同連盟の男子普及委員に就いたことを発表しました。

9月21日

ロッテは21日、元中日でオリオールズ、マーリンズなどで活躍したチェン・ウェイン投手の獲得を発表しました。背番号は「58」です。

9月20日

関東学生陸上連盟は20日、今年度の主催大会を新型コロナウイルス感染拡大抑制のため無観客で開催することと、応援自粛を求めることを発表しました。

9月19日

G2「共同通信社杯競輪」を開催中の伊東競輪場の第2R「特一般」で3連単が100万2490円となる超ビッグ配当が飛び出しました。

9月18日

女子テニスの世界ランク3位大坂なおみが4大大会の全仏オープン(27日開幕)を欠場することが分かりました。

9月17日

白血病で長期療養していた競泳の池江璃花子が、日本学生選手権(インカレ)の女子50メートル自由形に出場することが決まりました。

9月16日

乾貴士が所属するエイバルは16日、ニューカッスルのFW武藤嘉紀(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表しました。背番号は「12」となる予定です。

9月15日

巨人が阪神に逆転で勝利し、リーグ連覇への優勝マジック「38」が点灯しました。7回からは継投に入り、リリーフ陣がリードを守り切って今季最長の8連勝しました。菅野は1938年春のスタルヒンに並ぶ球団記録の開幕投手の11連勝を達成です。

9月14日

リーガ・エスパニョーラ開幕節が行われ、MF久保建英が所属するビジャレアルとFW岡崎慎司が所属するウエスカが対戦しました。リーガ1部で初の日本人対決も実現しました。

9月13日

全米オープン」13日目。女子シングルス決勝で、第4シードの大坂なおみが、世界27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦。大坂が1-6、6-3、6-3で逆転勝利し、「全米オープン」2年ぶり2度目、グランドスラム通算3度目の優勝を飾りました。

9月12日

川上哲治氏を超え、球団単独トップとなる監督通算1067勝目を巨人の原監督が達成しました。原監督はメモリアルな勝利に導いた坂本に最大級の賛辞を送りました。

9月11日

文科省は、9月末に任期満了を迎えるスポーツ庁の鈴木大地長官が任期満了で9月30日付で退任し、後任に10月1日付でアテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏(45)が就任する人事を発表しました。

9月10日

アメリカ女子サッカーリーグのシカゴ・レッドスターズは、FW永里優季が男子チームの「はやぶさイレブン」(神奈川県リーグ2部)にレンタル移籍することを発表しました。

9月9日

巨人の原辰徳監督が9日の中日戦に勝ち、球団史上最多となる監督通算1066勝を挙げ川上哲治氏に並びました。

9月8日

エヴァートンはレアル・マドリードからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを完全移籍で獲得したことを発表しました。契約期間は2022年6月末までの2年間となっており、1年間の延長オプション付きで背番号は「19」。

9月7日

プロ野球の理事会実行委員会が7日、オンラインで開かれ、ドラフト拒否選手に対する復帰制限(通称・田沢ルール)を撤廃することを決めました。

9月6日

陸上の富士北麓ワールドトライアルが6日、山梨・富士北麓公園陸上競技場で行われ、女子100メートルの1本目では32歳の福島千里が12秒31、2本目は12秒27でした。不調続きで日本選手権出場が絶望的となりました。

9月5日

ドイツ1部ビーレフェルトは、オランダ1部PSVアイントホーフェンから日本代表MF堂安律を期限付き移籍で獲得したと発表しました。移籍期間は今季終了までの1年間で背番号は8。

9月4日

スペイン2部レガネスは4日、日本代表MF柴崎岳が完全移籍で加入することに合意したと発表しました。

9月3日

米大リーグ機構は8月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、ナ・リーグの投手部門でカブスのダルビッシュ有投手が初受賞を果たしました。7試合に先発して6勝1敗、防御率1.47で52三振、日本投手の受賞は2014年5月のヤンキースの田中将大以来、4人目で6度目です。

9月2日

お笑いコンビ・南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代が、国内アマチュアを統括する日本ボクシング連盟の女子強化委員と女子普及委員に就任し、オンラインで行われた記者会見に登場しました。

9月1日

プロボクシングの元世界3階級制覇王者・八重樫東が1日、横浜市内の大橋ジムからオンラインで記者会見を開き、現役引退を表明しました。

関連記事

  1. 2020年4月 スポーツ(保健体育)

  2. 2019年12月 スポーツ(保健体育)

  3. 2019年10月 スポーツ(保健体育)

  4. 2019年11月 スポーツ(保健体育)

  5. 2019年7・8月 スポーツ(保健体育)まとめ

  6. 2020年2月 スポーツ(保健体育)

【資料請求無料】夢を夢で終わらせない! 声優、ゲームアニメーション、3DCG漫画、ノベルズ作家になるならアミューズメントメディア総合学院