2020年11月 国際

2020年11月 国際

 

 

11月24日

米連邦政府はバイデン次期大統領に対し、政権移行の手続き開始を認める方針を伝えました。トランプ米大統領も同日、自身のツイッターに投稿し、大統領選の敗北を認めずに法廷闘争は続けるとしつつも、政権移行への協力を認める考えを示しました。

11月23日

アフガニスタンの首都カブールでロケット弾が人口密集地に撃ち込まれ、少なくとも8人が死亡、31人が負傷した攻撃で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出しました。

11月22日

正体不明の芸術家バンクシーが英中部ノッティンガムの街中に10月に制作した新作のうち、標識の柱につながれていた自転車が22日までになくなっていました。

11月21日

カナダのオンタリオ州のダグ・フォード首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同国最大都市のトロントで23日からロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表した。

11月20日

日本や米国、中国など21の国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が20日夜、オンライン形式で開かれました。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた域内経済の回復や、自由貿易の推進を柱とする新たなAPECの目標について議論されました。

11月19日

南米エクアドル北西部で、違法な採掘が行われている鉱山が崩落しました。現地警察によると、8人の死亡が確認され、60人ほどが生き埋めになっているようです。

11月18日

ドナルド・トランプ米大統領は、大統領選で大量の不正があったとする自身の主張を否定したクリス・クレブスサイバーセキュリティー・インフラストラクチャー・セキュリティー長官を解任したと発表しました。

11月17日

韓国が日本海の呼称に「東海(トンヘ)」の併記などを求めている問題について、国際水路機関(IHO)の総会は17日未明、日本海と単独表記する指針の継続を暫定承認しました。

11月16日

米宇宙企業のスペースXは米東部時間15日午後7時27分(日本時間16日午前9時27分)、野口聡一さんら4人の宇宙飛行士が搭乗する新型宇宙船「クルードラゴン」を米フロリダ州のケネディ宇宙センターからファルコン9ロケットで打ち上げられました。

11月15日

日本や中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など「地域的な包括的経済連携(RCEP)」の参加15カ国が15日、協定に署名しました。参加国全体での関税撤廃率は品目ベースで91%になり、国内総生産(GDP)の合計が世界の約3割を占める巨大経済圏が誕生します。

11月14日

米大統領選は、最後まで大勢が判明していなかった2州で勝者が確定し、選挙人獲得数は民主党のジョー・バイデン次期大統領が306人、共和党の現職ドナルド・トランプ大統領が232人となりました。

11月13日

トランプ米政権は、中国軍が所有または支配していると見なされる中国企業への投資を禁止する大統領令を発表しました。

11月12日

中国の全人代常務委員会会議は、香港立法会の議員資格として中国や香港政府への忠誠心を求めることを決定しました。これを受けて香港政府は、民主派議員4人の資格を即日剥奪すると宣言すると、民主派議員15人全員が抗議のため辞職すると表明しました。

11月11日

日中韓や東南アジア諸国連合などでつくる東アジア地域包括的経済連携(RCEP)をめぐり、交渉から離脱したインドがほぼ無条件で即時加入できることを規定した特別文書を採択することが分かりました。15日に予定するRCEPの首脳会合で正式に発表される見通しです。

11月10日

アルメニア、アゼルバイジャン、およびロシアの3カ国は、約1カ月以上にわたり続いたナゴルノカラバフ地域の帰属を巡る紛争を終結させるための協定に署名したと明らかにしました。

11月9日

米国のジョージ・W・ブッシュ元大統領は、米大統領選で当選を確実にした民主党のジョー・バイデン氏に「心からの祝意」を送りました。

11月8日

米大統領選は、開票作業が続いていた東部ペンシルベニア州で民主党のジョー・バイデン前副大統領が勝利し、獲得選挙人が273人となり当選に必要な過半数ライン(270)を超えました。

11月7日

米国の新型コロナウイルスの感染者が新たに12万7000人以上確認され、1日当たりの新規感染者数が3日連続で過去最多を更新しました。

11月6日

米大統領選で接戦の状態で集計作業が続いていた5州のうち、南部ジョージア州(選挙人数16)で、民主党候補のバイデン前副大統領が得票率で共和党のトランプ大統領に逆転しました。

11月5日

開票が進む米大統領選で、共和党のドナルド・トランプ陣営は、ミシガンとペンシルベニアの激戦2州での票集計差し止めを求める訴えを裁判所に起こすと発表しました。

11月4日

米大統領選で、投票日前に投票を済ませた人が過去最高の1億20万人余りとなったことが、フロリダ大学の米選挙プロジェクトの集計により明らかになりました。

11月3日

韓国の情報機関・国家情報院は3日の国政監査で、北朝鮮が新型コロナウイルス対策を怠った幹部を最高刑で死刑とする「コロナ怠慢罪」を新設したことなどを報告しました。

11月2日

米大統領選の期日前投票を済ませた有権者の数が31日までに9000万人と、過去最高を記録したことが分かりました。2016年大統領選の投票者数の約65%にあたる数字で、選挙への高い関心がうかがえます。

11月1日

香港警察は1日、5月に立法会(議会)で起きた小競り合いに関与した容疑で、現職議員を含む民主派の政治家7人を逮捕しました。

関連記事

  1. 2020年1月 国際

  2. 2019年11月 国際

  3. 2020年7月 国際

  4. 2020年10月 国際

  5. 2020年3月 国際

  6. 2019年9月 国際

【資料請求無料】夢を夢で終わらせない! 声優、ゲームアニメーション、3DCG漫画、ノベルズ作家になるならアミューズメントメディア総合学院