ひよこ先生の算数教室【単位の計算】をわかりやすく解説

ひよこ先生の算数教室【単位の計算】をわかりやすく解説

 

こんにちは、ひよこ先生です。

本日は、小学生の算数【単位の計算】について

わかりやすく解説したいと思います。

 

 

単位の計算とは

 

小学校で学ぶ単位の変換について、解説します。

小4ぐらいから始まり、小6まで続きますので、

少しずつ分けながら、まとめてみました。

 

【初級編】

①長さについて学ぼう!

 

一番身近なメートルとセンチメートルとミリメートル

1cm=10mm(1mm=0.1cm)、1m=100cm(1cm=0.01m)です。

 

例題① 5cmは何mmか。

例題② 10cmは何mか。

 

ここが重要!! cmとmmは10倍の関係、mとcmは100倍の関係になります!

つまり、cmとmmのときは、10を掛けるか・10で割れば答えが出せます。

同様に、mとcmのときは、100を掛けるか・100で割ればよいですね!!

 

例題①答え 50mm

例題②答え 0.1m

 

 

②重さについて学ぼう!

 

こちらも身近な単位ですね。

グラムとキログラムとミリグラムです。

1kg=1000g(1g=0.001kg)、1g=1000mg(1mg=0.001g)です。

 

ここが重要!!  k(キロ)は1000倍、m(ミリ)は1000分の1倍を表しています!

 

例題① 70mgは何gか。

例題② 1800gは何kgか。

 

計算としては、1000を掛けるか、1000で割れば簡単に変換できますね。

 

例題①答え 0.07g

例題②答え 1.8kg

 

どうですか?問題は解けました?

単位変換は苦手なお子さんが多いです。

根気よく何回も挑戦してみてください。

それでは中級編にいきます!

 

 

【中級編】

面積について学ぼう!

 

面積の単位は平方がつきます。

つまり、縦×横で計算しますので、単位を2回掛けることになります。

下の図を見てください。

青い正方形と赤い正方形の面積は同じ大きさです。

1mは100cmですので、1平方メートルは10000平方センチメートルになります。

1平方メートル = 10000(100×100)平方センチメートルです。

 

ここが重要!!  面積は平方(2乗)で考える! 図を書くとわかりやすい!

 

例題① 3平方メートルは何平方センチメートルか。

例題② 9平方キロメートルは何平方メートルか。

 

面積は、平方なので2乗を忘れないでくださいね!

 

 

例題①答え 30000平方センチメートル

例題②答え 9000000平方メートル (キロは1000倍の関係なので、1000×1000になります)

 

面積について学ぼう!②

 

面積の単位でもう一つ学ぶのが、a(アール)とha(ヘクタール)です。

ここが重要!!  h(ヘクト)は100倍を表しています! つまり1ha=100a!

下の図を見てください。

1a = 100平方メートル、1ha = 10000平方メートル、1ha = 100aになります!

 

1aは10m×10mになりますので、100平方メートルになります。  ← ここは重要ですので覚えましょう!

h(ヘクト)は100倍の関係ですので、1haは100倍の10000平方メートルになるのがわかりますね!

 

例題① 8aは何平方メートルか。

例題② 0.5haは何aか。

 

少し数字が大きな計算ですが、上記を理解していれば大丈夫ですね!

 

例題①答え 800平方メートル

例題②答え 50a

 

正解出来ましたか?

それでは最後の上級編です。

 

 

【上級編】

体積について学ぼう!

 

最後は体積の単位計算です。

体積は立法メートルになりますので・・・

 

その通り!!

 

3乗の関係になりますね。

 

例題① 3立方メートルは、何立方センチメートルか。

例題② 20立方センチメートルは、何立方メートルか。

 

ここが重要!!  mとcmは100倍の関係なので、体積では100×100×100の関係!

 

 

例題①答え 3000000立方センチメートル (100×100×100=1000000)

例題②答え 0.00002立方メートル (①の逆で1000000で割ります)

 

 

体積について学ぼう!②

 

これで本当の最後です。

テーマは容積です。

先程出てきた立法メートルL(リットル)を結びつけますね。

下の図を見てください。

1kL = 1立方メートル、1mL = 1立方センチメートルになります!

 

もう一つ、こちらの関係も必要になります。

kL(キロリットル) L(リットル) dL(デシリットル) mL(ミリリットル)
0.001 1 10 1000
0.000001 0.001 0.01 1

 

ここが重要!!  kとmは1000倍の関係、d(デシ)は10倍の関係がある!

 

例題① 1立方メートルは、何リットルか。

例題② 15dLは、何立方センチメートルか。

 

これは中々難しいですね。

頑張って挑戦してみてください。

 

 

例題①答え 1000L

1立法メートルは、1kLになります。

1kLは1000Lになりますので、答えは1000Lです。

 

 

例題②答え 1500立方センチメートル

15dLは1500mLになります。(15×100)

よって、1500mL = 1500立方センチメートルですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

小学生で難しい単位の計算ですが、

練習を積めば出来るようになります。

最初はお子さんの横について、教えてあげてください。

 

 

最後まで、ありがとうございました。

次回をお楽しみに!

ツイッターを始めました。

フォローをお願いします^^

 

 

関連記事

  1. ひよこ先生の算数教室【割合・百分率】をわかりやすく解説

  2. ひよこ先生の算数教室【約数・公約数】をわかりやすく解説

  3. ひよこ先生の算数教室【倍数・公倍数・最小公倍数】をわかりやすく解説

  4. ひよこ先生の算数教室【速さ】をわかりやすく解説

  5. ひよこ先生の算数教室【速さ・電車問題】をわかりやすく解説

  6. ひよこ先生の算数教室【概数の計算】をわかりやすく解説